炊飯設備が新しくなりご飯がさらにおいしくなりました

 デリカ部門にて弁当・おにぎり・寿司等に使用するご飯を生産している炊飯設備を新型のものに更新しました(平成25年3月)。導入した設備は京豊エンジニアリング株式会社製、全自動連続式炊飯システムです。これまで以上に安全・安心で高品質なご飯をお客様に提供できるよう努めて参りますのでよろしくお願いいたします。

炊飯設備の特徴

  • ムラなく強火で火が通るメタルニットバーナーと遠赤外線効果のある炊飯釜でふっくらおいしいご飯が出来上がります。
  • 釜単位の洗米・浸漬と熱効率の良いバーナーで省エネかつ水使用量が低減されます。
  • 1時間あたり約600kgの生産能力で大量受注に対応できます。
  •  

     
         
    米の種類別に管理された米タンク。一貫した釜別管理で米トレーサビリティも万全です。   水使用量と米のロスを最小限にする1釜単位洗米・浸漬管理。
         
     
         
    省エネかつ釜全体にムラなく火が通るメタルニットバーナーでおいしいご飯が炊き上がります。   炊き上がったご飯は衛生管理のためすぐに冷却した後、盛付けラインでお弁当やおにぎりに加工されます。

    ※本設備の導入に際し、費用の一部について新潟市より
    中小企業設備投資促進補助金の交付を受けております。

     
     
     
     

    トップページ 会社概要 事業内容 製品紹介 ネット販売 リクルート
    プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ

     
     
    Copyright 2009 Suehiro Seika Co. All Rights Reserved.